祭服、ストラは、永年のご使用で汚れや染み、糸のほつれや生地の摩耗などで傷みます。しかし、生地や刺繍などはまだまだ使える場合などに、修理をする事で、美しく作り直すことが出来ます。



【補修】
 写真は、首の周りの傷んだ部分を縫い込み、金真田紐を縫い付けた例です。ファスナーやスナップは付け替えます。
 ※縫い込む為、わずかにサイズが小さくなります。



   

 〔before〕                    〔after〕

【丸洗い】
 永年のご使用で汗や汚れが染み込んだ祭服やストラは、“丸洗い”をする事で、かなり
きれいになります。特に絹製品はドライクリーニングではなく、“丸洗い”をお薦めします。
見た目は劇的にきれいにはなりませんが、生地内部まで洗いますので、目に見えない汚れ
を落とし、カビの発生などを防ぐ効果があります。

【染み抜き】
 丸洗いで落しきれない染みや汚れは、各々の原因に合せた専門の洗剤や薬品を使って、
ある程度は落すことが出来ます。但し、年季の入った古い生地や摩耗の激しい生地などに
つきましては、生地を傷める恐れがありますので、お取り扱い出来ない場合があります。
 


 〔before〕                〔after〕


他社製品でもお取り扱いをいたします。お気軽にご相談ください。


ストラ祭服祭服用品教会用品祭服補修聖画会社概要アクセス



当サイトのデザイン・画像およびテキストの無断引用・転載は堅くお断りいたします
(c)2005 KOTO Art Textiles Incorporated. All rights reserved.